アジアの文化

韓国の民族衣装「韓服」のご紹介

韓服(韓国の伝統的な衣服)には、それぞれの衣服のようにカラフルな歴史があります。100年ほど前までは日常的に着用されていましたが、今でも特別な日や祝日に着用するなど、韓国文化の重要な一部となっています。

韓服のルーツ

現在の韓国北部、中国東北部、モンゴルの一部をルーツとする韓国の韓服は、動きやすさを重視してデザインされています。チゴリ(上着)、バジ(ズボン)、チマ(スカート)といった韓服の基本的な構造は、三国時代に確立されたものであり、そのデザインの特徴は現在も比較的変わっていません。

韓服は、日常服、儀式服、特別服に分類され、さらに性別、年齢、季節によっても分類されます。これらの分類の違いにかかわらず、すべての韓服の基本的な美的枠組みは、韓国人の自然への好意、超自然的な保護と祝福への願望、そして礼儀と原色を強調する儒教的な服装規範を中心としています。

韓服のデザインと地位

韓服の一般的なデザインは、線と角度の繊細な流れを作り出すことを目的としています。韓屋のやわらかい軒先のように、ペレー(上着の袖の下のライン)の曲線とドンジョン(上着の襟の白い裏地の折り目)の鋭角のバランスは、韓国の伝統的な美学のやわらかさと優雅さを表しています。

韓服のもう一つの特徴は、鮮やかな色です。伝統的な韓服は、白(金属)、赤(火)、青(木)、黒(水)、黄(土)という陰陽五行に対応した鮮やかな色を持っていました。

また、色は社会的地位や婚姻関係の象徴でもありました。例えば、明るい色は子供が、落ち着いた色は中年の男性や女性が身につけていました。未婚の女性は黄色のチョゴリと赤のチマを、夫人は緑と赤を身につけていました。しかし、息子のいる女性はネイビーを着ていました。一方、労働者階級は白を基調としながらも、特別な日には淡いピンクや薄緑、グレー、チャコールなどの色を身につけていました。

また、韓服の素材によっても、その人の社会的地位がわかります。上流階級の人々は、暖かい季節になると、苧(ちょ)の木で織られた布や、高級な軽量素材を身につけました。上流階級の人々は、暖かい季節には苧麻(植物性の布)や高級な軽量素材を身につけ、それ以外の季節には無地や柄物の絹を着ていました。

韓服の進化

韓国の伝統衣装は、2,000年以上の歴史の中でさまざまな変化を遂げ、今もなお進化し続けています。専門のデザイナーは、伝統的なパターンや構造をシンプルなコットン、リネン、レザー、レースで表現したデザインで、古典的なモチーフをウェアラブルにしました。こうした韓服の現代的な再解釈は、シャンゼリゼ通りからニューヨーク・ファッション・ウィークのキャットウォークまで、世界中のファッション界に衝撃を与えています。

おすすめ