旅行

死ぬまでに一度は訪れたいアジアの国

アジアには素晴らしい場所がたくさんあります。そこでこの記事では、死ぬまでに一度は訪れたいアジアの国を紹介します。

フィリピン

フィリピンには、世界でも有数のビーチがあります。7,500以上の島々からなるこの国には、人気の休暇先を楽しんだり、人里離れた場所を発見したりと、見所がたくさんあります。

フィリピンが他のアジア諸国と異なるのは、スペイン、アメリカ、そして先住民の影響を受けて形成された独自の文化です。贔屓目に見ても、フィリピンを旅する醍醐味のひとつは、地元の人々と簡単に交流できることだと思います。ほとんどのフィリピン人は英語を理解でき、とてもフレンドリーなので、移動にはそれほど問題はありません。言葉の壁をなくすことで、フィリピンでの旅行がより楽しくなります。

カンボジア

カンボジアのシェムリアップには、東南アジアで最も壮大な遺跡があります。さらに、地元の人々はとてもフレンドリーで、ほとんどの人が英語を上手に話すので、国内の旅行がとても簡単です。カンボジアのシェムリアップは、東南アジアの中でも特別な場所のひとつです。ここには、世界最大の宗教的建造物であるアンコールワットや、古代クメール帝国の時代に建てられたその他の遺跡があります。

ネパール

ネパールは、山を愛する人にとって究極の目的地です。ネパールのヒマラヤ山脈は世界の屋根であり、地球上で最も高い山であるエベレスト山があります。この国を訪れた旅行者は、長い旅をする価値のある多くの光景や体験をすぐに発見することができます。ユネスコの世界遺産に登録されているカトマンズの谷には、中世の広場や、ヒンズー教や仏教の聖なるモニュメントがあります。また、ポカラでは、パラグライダーを楽しんだり、簡単にアクセスできる展望台から雪を頂いたヒマラヤ山脈の雄大な景色を楽しんだりすることができます。

シンガポール

東南アジアで最も旅行しやすい目的地と言っても過言ではない、高度に発展したシンガポールは、初めての旅行者、特に家族連れの旅行者に最適です。シンガポールは、私が最も多く訪れている海外旅行先です。自然が保護され、さらに未来的な都市景観に見事に組み込まれていることにとても感銘を受けました。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイやジュエルチャンギ空港は、私のお気に入りのスポットです。

ラオス

内陸国のラオスは、東南アジアの中でも特にアクセスが難しい国です。ほとんどの旅行者は、タイ、カンボジア、ベトナムから陸路で国境を越えてやってきます。しかし、混雑した都市を避け、非常にのんびりとした田舎を楽しみ、手つかずの自然の風景を見たいと思う人は、ラオスが気に入ること間違いなしです。

神聖な仏教寺院やフランス植民地時代の古い街並み、川沿いの美しい風景など、ラオスの人気観光スポットを訪れるなら北へ行きましょう。南下すると、雄大な滝や壮大な洞窟、何千もの川に浮かぶ島々などがあり、田舎の生活を体験することができます。

台湾

日本人から人気の台湾。格安航空券が簡単に入るので、旅費を抑えつつ行くことができます。

首都の台北は、にぎやかな国際都市でありながら、リラックスした雰囲気が漂っています。象徴的な建物である「台北101」をはじめ、エキサイティングなフードシーン、ナイトマーケット、寺院や遺産、美しい自然など、さまざまな魅力にあふれています。また、香港、シンガポール、韓国などの先進国と比較しても、台湾は手頃な価格で訪れることができることも特筆すべき点でしょう。

インド

地球上でインドのような場所はありません。この国には、世界で最も壮大な建築物とカラフルな文化の融合があります。各地では、さまざまなタイプの旅行者に合わせたユニークな体験ができます。一度インドを訪れて恋に落ちたら、きっと何度も訪れたくなるはずです。

おすすめ