アジア料理

東京のミシュラン星付きレストランベスト

世界のどの都市よりも多くのミシュランの星付きレストランがあり、東京が地球上で最高のダイニングシーンを提供していることは周知の事実です。東京にはミシュランの星を獲得したレストランがたくさんあります。ここでは、東京でおすすめのレストランをご紹介します。

銀座小十

ミシュランの3つ星を獲得している「銀座小十」は、東京で会席料理を味わうのに最も適した場所のひとつです。居心地のよいインテリアと厨房のレイアウトにより、まるで誰かの家のリビングで食事をしているような気分になり、カウンターで料理を作っている様子を見ることができます。

季節ごとのメニューは、伝統的な日本料理を中心に、実験的な料理もいくつか用意されています。店内は非常に狭く、価格も比較的手頃なので、事前に予約しておくといいでしょう。

神楽坂石川

神楽坂石川は、洗練された料理と、路地裏にあるレストランへの道案内をしてくれる気配りのあるスタッフや、お客さんとの会話が好きなシェフなど、すべての面で親しみやすいダイニング体験が評価され、ミシュランの3つ星を獲得しました。

コース料理は、前菜、スープ、刺身、メインの焼き物など、いくつかの固定されたコースで構成されています。座席は、エレガントなプライベート・ダイニング・エリアや、シェフの石川英樹氏の仕事ぶりが見えるヒノキ材のカウンターがあり、着物を着た給仕は、新宿が芸者の街として有名だったことにちなんでいます。

L’Effervescence

L’Effervescenceは、フランス語で「泡」、「人を集めるもの」、「活気」(文脈によって異なる)という意味で、ミシュランの3つ星レストランにぴったりの言葉です。日本の食材を生かしたフレンチをテーマにしたこのレストランは、マクドナルドの持ち帰り用アップルパイを高級にアレンジしたもので知られています。イノシシ肉やセージ、松茸などを使ったこのバージョンは、赤い持ち帰り用の箱に入れて提供されます。また、りんごのキャラメリゼと黒麹のアイスクリームをミューズリーと一緒に食べるなど、絶品のデザートや、フランス産のワインリストでも知られています。

クインテッセンス

クインテッセンスの料理哲学は、3つの原則に基づいています。それは、高級食材のみを使用して製品を尊重すること、現在の料理法の限界に挑戦して調理プロセスを追求すること、そして、食材の微妙な風味を高めるために調味料のプロセスに細部まで注意を払うことです。岸田周三シェフは、カンテサンスをオープンする前に、パリのレストラン「L’Astrance」に勤務し、同店の特徴である、肉を低温で長時間調理する技術を学びました。ミシュランの3つ星を獲得しているこのレストランでは、メニューは自由に決めることができ、季節の食材をもとにシェフがその日の気分で料理を決めています。

ナリサワ

シェフの成澤由浩は、イタリア、フランス、スイスでの料理修行を経て、ヨーロッパの調理技術を駆使した料理を提供しています。また、成澤は環境問題にも熱心に取り組んでおり、日本の新鮮な食材を用いて日本の四季を反映させた料理を提供しています。ミシュランの2つ星レストランでは、他のコースを楽しんでいる間にテーブルに上がってくる珍しい「森のパン」と「苔のバター」が特に有名です。

龍吟

龍吟は、伝統的な日本料理の技術と独創的な料理のバランスをとっています。ミシュランの3つ星を獲得したメニューは、季節のフルコース・デギュスタシオン・セットに加え、時間帯によってはアラカルトも用意されています。煮た果物を液体窒素で凍らせたデザートなど、温かいものと冷たいものを組み合わせた料理が多いのが特徴です。店名の「龍吟」とは、「歌う龍」や「龍の歌」を意味しており、お皿や壁に飾られた神話上の生き物のアートなど、店の内装のすべてにその意味が込められています。

おすすめ