アジアの文化

日本の文字のすべて:ひらがな、カタカナ、漢字

日本語の文字は、ひらがな(平仮名)とカタカナ(片仮名)の五十音の「仮名」と、漢字を採用した「漢字」の2種類で構成されています。それぞれ用途や目的、特徴が異なりますが、いずれも日本語の文章には必要なものです。

日本語の文章の多くは、ひらがなと漢字の組み合わせで構成されていますが、ときにはカタカナもあります。ひらがなとカタカナは日本語特有のものであり、日本で日本語の勉強を始める前に、まずこの2つをマスターすることを強くお勧めします。

日本語は3つの異なる文字と多様な使い方があるため、習得が最も難しい言語の一つと言われています。ここでは、ひらがな、カタカナ、漢字という日本語の文字についてご紹介します。

日本語の文字には2つの書き方があります。まず、中国語のように上から下、右から左へと列を作って書く方法。また、英語のように左から右、上から下へと横に並べることもできます。 そのため、本の背表紙を右にして開くものと、左にして開くものがあります。

ひらがな

ひらがなとは、「普通の」「簡単な」という意味の仮名で、主に日本語の固有語や文法要素に使われます。基本となる文字は46種類あり、すべて五十音を表します。日本語の各音は、五十音表の1文字に対応しています。一般的には、まずひらがなを学び、次にカタカナと漢字を学びます。

ひらがなは「ふりがな」や「よみがな」にも使われます。知らない漢字を読むのに役立ちますので、まずはひらがなをマスターすることが大切なのです。

幼児向けの絵本などは、ひらがなで書かれていることが多いですね。

日本語を勉強すればするほど、ひらがながどのように使われているか理解できるようになります。

カタカナ

カタカナとは「断片的な仮名」という意味で、主に外国語の単語や名前、借用語、擬音語などに使われます。日本語の中でも特に便利なのが、翻訳できない擬音語である「ギリギリ」です。「ギリギリ」とは、「ギリギリになる」という意味で、「ギリギリになる」「電車に乗ってドアが閉まる前に間に合う」「約束の時間にギリギリになる」などの意味があります。

ひらがなと同様に、カタカナにも5つの単母音、40の子音-母音、1つの単子音があります。ひらがなとカタカナの両方を5×10のグリッドで表示することがよくありますが、これを「五十音」と呼びます。

外来語は、「バナナ」のようにすべてカタカナで表記されます。外国人の名前も同じようにカタカナで書かれています。

日本語以外の名前を持つ人は、まずカタカナで自分の名前を書くことになるでしょう。

漢字

通常使用される漢字は数千種類あります。すべての漢字には異なる意味があり、ほとんどの漢字には文脈に応じて複数の発音があります。例えば、「今日」は「きょう」と読みますが、「こんにちわ」とも読みます。

この読み方の違いは、次のように分類されます。

中国語に由来する「音読み」と、「訓読み」に分類されます。

ほとんどの文字はそれぞれ最低1つずつ持っていますが、それ以上のものもあれば、1つしかないものもあります。

日本の小・中・高校では、常用漢字を2,000字以上学びます。実はこれ、日本語能力試験の最上級に合格するために必要な漢字の数でもあるのです。漢字は5万字以上ありますが、ほとんどの日本人はそれだけの漢字を知りません。

漢字を覚えるのに、コツや近道はありません。それぞれの漢字とその読みを覚えなければなりません。

おすすめ