アジアのスポーツ

日本の変なゲーム番組

その中でも日本のテレビ業界は、奇妙なゲームショーで知られています。

ここでは、日本のテレビ番組の中で、最も奇妙で不条理なゲームショーと言えるものをご紹介します。

AKBingo

名前はビンゴゲームとは全く関係ありませんが、基本的には「ドッジ・ザ・ボール」の奇妙なバージョンです。

この番組では、2人の有名なお笑い芸人が、ボールを当てられた人の罰を決めます。ショーが進むにつれ、罰ゲームはよりグロく、非常に残酷なものになっていきます。負けた人に虫を食べさせることで、観客を楽しませようとする奇抜な番組です。

罰ゲームの中には、2人でチューブを使って虫をお互いの口に吹き込もうとするものもありました。

キャンディかキャンディでないか

このゲームは視聴者にとっては面白いが、実際に体験している人にとってはそうでないかもしれません。このゲームは、その時々で甘くなったり嫌になったりする傾向があります。

このゲームショーでは、ガラス製品や靴などの物体をチョコレートで作り変える「ソックリさん」という芸術が使われています。

芸能人は様々なものを試食して、食べられるお菓子を食べたのか、食べられない日用品を食べたのかを確認するという課題が与えられます。

It’s Electrifying

感電死は危険ですが、日本のこの奇妙なゲームショーによれば違います。これは、面白さとエンターテイメントのために、プレイヤーが実際に感電死するというクレイジーなゲームショーです。

出場者はシャッフルボードの上で滑らされ、女性の胸に入るという課題を与えられます。選手が胸に入ると感電します。

そのため、文字通り電気を帯びた女性がいると言っても間違いではないだろう。

デロ!デロ!

この番組は、新しい冒険に挑戦する鋼鉄の神経と勇気を持つ人のためのものです。この番組では、知性と勇気が同時に試されます。

コンテスト参加者は、恐ろしい状況に直面しながら、質問に答えたり、パズルを解いたり、精神的な課題をこなしたりします。スタジオのような快適な空間ではなく、部屋に水を入れたり、引っ込む細い板の上でバランスを取ったり、様々な高圧状況などの危険なシナリオにさらされます。

人間ボウリング

楽しさという点では、本家のボウリングゲームに劣らない?その名の通り、巨大なピンに向かってボウリングをするのではなく、人間を投擲物として使用するゲームです。

安全のために、出場者はインナーチューブの中に入り、傾斜したところを滑り降りる。他の多くのゲームショーとは異なり、この特別なショーは視聴者にとっても楽しいものです。

もし、あなたが何かに身を投じることが好きなら、ぜひこの番組に挑戦してみてください。

 石鹸の階段

このゲームショーは、とてもシンプル。階段を登ればゲームに勝てます。階段を登ればゲームに勝てるというシンプルなものですが、階段は非常に油っぽいという難点があります。石鹸のついた階段を登るのは大変そうには見えませんが、実際には全く逆です。

人間テトリス

このゲームは、実際に見てみるととても面白いものです。その名の通り、ブロックではなく人間がリアルタイムで参加するテトリスです。壁にはさまざまな人体の形の切り抜きパターンがあり、それが出場者に向かってきます。

出場者は、壁に描かれたパターンに従うことで、次のレベルに進むことができます。

デザインに沿って体を動かしている限り、プラットフォームから押し出されることはありません。

おすすめ