アジアの文化

日本のイベント

独自の文化が根付いている日本では、他の国にはないたくさんのイベントがあります。そこでこの記事では、日本の大きなイベントを紹介します。

正月

日本では、新しい年を迎えることをとても大切にしています。正月は、グレゴリオ暦では1月1日ですが、日本ではその前後の日にちを使って祝います。日本では最大の祭りの一つとされています。

正月は、日本の地域によって異なる伝統的な食べ物を楽しみながら迎えます。多くの人々は、健康のために夜中にそばを食べて新年を迎えます。明け方には天皇陛下が国民のために祈りを捧げます。

そして、午前0時になると、仏教寺院では108回の鐘が鳴らされます(世俗的な罪や欲望の数を表すと言われています)。

正月に、特別な食べ物が用意され、小さな封筒に入ったお金が子供たちに渡されます。

節分(豆まき)

節分は古くからの伝統であり、今ではテレビで放映される有名人が司会を務めるイベントに発展しています。大規模な演出に加えて、神社やお寺など、全国各地に小さなステージが設置されます。飴やお金が投げ込まれ、観衆は歓声を上げながら小さな贈り物を受け取ろうとします。

家庭では、豆まきの儀式で家族が豆を投げ、悪霊を追い払います。家族の一人が鬼のお面をかぶって「悪者」を演じ、皆が「出て行け!」と叫んで、その人が出て行くまで豆を投げます。

花見(桜祭り)

古くからの伝統である「花見」という言葉は、実際には「花を見る」という意味であり、春の桜祭りでは何千人もの人々がまさにそうしています。美しい花の下で食事や飲み物を楽しむこと以上に楽しいことがあるでしょうか?

家族、友人、同僚などが、賑やかな公園の静かな場所に集まって、ピクニックやパーティーを楽しみます。イベントは昼夜を問わず開催されます。儚いことで有名な花の下で、ちょっとしたお祭りが行われるのです。

祭りに参加する人の中には、花よりも酒の方が好きな人もいるかもしれませんが、誰もが新鮮な春の空気の中で外の時間を楽しんでいます。

ゴールデンウィーク

日本で計画すべき大型連休があるとすれば、それはゴールデンウィークです。

ゴールデンウィークは、日本を旅する上で最も忙しい時期であり、4つの異なる日本の祭りが連続して開催されます。日本の人々は休暇の計画を立て、ホテルや飛行機、地上交通機関は満杯になります。多くの企業が少なくとも1週間は休業します。人気のある都市の神社や観光スポットはとても混雑します。

ゴールデンウィークの最初の祝日は、4月29日の「昭和の日」です。4月29日は昭和天皇の誕生日で、日本の激動の歴史を振り返る日とされています。5月3日は憲法記念日、4日はみどりの日、5日はこどもの日と続きます。

ゴールデンウィークの祝日は、それ自体は大きなイベントではありませんが、これらを組み合わせることで、地域住民が店を閉めて休暇を取る良い機会となります。

日本の観光のハイシーズンは、ゴールデンウィークのお祭りが終わり、通常の業務が再開された直後に始まります。

お盆

厳密には公式の祝日ではありませんが、お盆は日本の夏の祭りの中で最も広く行われているものです。

お盆は、祖先の霊が家に帰って休むことを祝う3日間の行事です。お盆には、神社やお寺、家族のお墓にお参りします。家の前では火が焚かれ、提灯が霊を導いてくれます。

お盆は家族にとって重要な時期であり、多くの人が先祖の家に戻るため、交通機関が大幅に遅れたり、一部の企業が休業したりします。そのため、交通機関が大幅に遅れたり、企業が休業したりすることもあります。

おすすめ