アジアのスポーツ

卓球の歴史

愛ちゃんの誕生で日本でも人気を集めるようになった卓球。この記事では、卓球の歴史を振り返ります。

卓球の誕生

他の多くのスポーツと同様に、卓球も、テーブル、パドル、ボールがあれば誰でもできる「パーラーゲーム」として始まりました。1880年代には、冬の屋内でプレーするために、芝生テニスの選手たちがゲームを改良したことから始まりました。

ピンポンは、卓球および関連機器の商標名です。ピンポンという名称は、1800年代末にイギリスのJ.Jaques and Son社によって発明され、その後、アメリカではボードゲーム会社のParker Brothers社が商標登録しました。

このゲームはすぐに広まり、1901年には早くも300人以上の参加者によるトーナメントが行われていた。1901年には300人以上が参加する大会が開催され、卓球協会が設立され、1922年に卓球協会に改称されました。

卓球が日本へ

1902年、来日した日本の大学教授が日本に持ち帰り、大学生に紹介しました。その後、イギリスのセールスマン、エドワード・シャイヤーズがウィーンやブダペストの人々に紹介したことで、今では世界中で親しまれているスポーツの種が蒔かれたました。英国では、ロンドンの中産階級以外にも卓球が普及し始め、サンダーランドやプリマスなどの地方都市にもリーグが誕生しました。

1922年にはオール・イングランド・クラブが結成され、クリケット選手のジャック・ホッブスをはじめとする当時のスポーツ界の名士たちが集まりました。1922年にはオールイングランドクラブが結成され、クリケット選手のジャック・ホッブスをはじめ、スポーツ界の著名人が参加するまでになったのです。

英国卓球協会の誕生

1927年4月24日、イワトリング卿の息子であるアイボア・モンタギューが会長を務め、英国卓球協会が誕生しました。当時、ETTAの会員数は19リーグでしたが、現在では300以上のリーグがあり、約75,000人の選手が登録しています。

1927年に開催された第1回世界大会では、ハンガリー人のヤコビ博士が優勝しました。有名なフレッド・ペリーが1929年にイングランドを優勝させたことを除けば、これがハンガリー人にとって前例のない成功の始まりとなり、30年代のゲームを完全に支配したのです。

1950年代には、スポンジやサンドイッチ・ラバーが発明され、ゲームはひっくり返りました。それまでのバットは、薄いゴムをポンポンとかぶせただけの比較的シンプルなものでした。

この時までは、守備的なプレースタイルが主流であったゲームの中で、スピンは小さな役割しか果たしていませんでした。しかし、日本人が導入したこの新しいバットやパドルは、魔法のようにボールを動かすことを可能にしました。審判団であるITTFは、この新しい動きを規制するために、すぐに法律を制定しました。これは、プレーヤーに不当な利益を与えるものだと考えられたからです。スポンジとゴムのサンドイッチの厚さが規制され、今日に至っています。しかし、ゲームの性質は変わり、現代のゲームの速い攻撃のスピードとスピンのスタイルが確立されたのです。

卓球がオリンピックに

今日では、イングランドと海外の両方で、このスポーツは非常に確立されており、年々成長しています。その結果、1988年にソウルで開催されたオリンピックで初めて採用され、オリンピック競技として認められました。1988年のソウル大会では、男子シングルスの決勝戦がテレビ中継され、世界中で20億人という驚異的な視聴者数を記録しました。中国では、職場や学校、地域の公園などで、文字通り何百万人もの人々がプレイしています。中国のトッププレーヤーは、ポップスターのようなステータスを持つ国民的ヒーローとみなされています。

おすすめ