アジア料理

一度は試すべき最高のタイ料理

タイ料理は、新鮮さ、エキゾチックな香り、そして贅沢なスパイスが特徴の、世界的に人気のある料理です。タイ料理といえば、パッタイやタイ風チャーハンが代表的ですが、その他にも、さまざまなタイ風カレー、ジュージューと音を立てるタイ風鍋、スパイシーな海老のスープなど、食欲をそそる料理がたくさんあります。あなたの味覚を極限まで刺激する料理ばかりです。ここでは、タイで食べたいグルメをご紹介します。

トムヤムクン(海老のスパイシースープ)

世界中で有名なこのスープは、香り高いレモングラス、カフィアライムの葉、エシャロット、ライムジュース、ナンプラー、生の唐辛子(またはチリペースト)、そして太くてジューシーな海老を組み合わせて作られていて、独特の風味があります。

その新鮮で豊かなエキゾチックな味わいが気に入ること間違いないでしょう。

トム・カー・カイ(タイのチキン・ココナッツ・スープ)

トム・カー・カイは、トム・ヤム・クンと同じ系列のスープ料理です。ガランガル、エシャロット、レモングラス、カフィアライムリーフなどのスパイスがスープの基本的な味を決めており、唐辛子はオプションです。柔らかい鶏肉と香り豊かなアジアのマッシュルームがスープのマイルドなボディを形成し、クリーミーなココナッツミルクが導入され、他のすべての要素とうまく調和しています。

トムカーカイは、唐辛子料理が苦手な人にとっても、タイの新鮮な味を楽しむことができる最高のタイ料理と言えるでしょう。

グアイ・ティウ・ルア(ヌードル・スープ)

このヌードルスープは、地元のストリートレストランでは常に人気のあるメニューです。

もともとはバンコクの運河沿いの船で出されていたもので、名前はボートヌードルを意味します。麺は、典型的なタイのスパイスと肉が入った煮込みスープである素晴らしい肉のスープで煮込まれています。鶏肉、豚肉、魚介類など、一緒に食べる肉によって注文の仕方が変わります。

カオパット(タイ風チャーハン)

タイではどこでも食べられるシンプルな料理です。材料は、米、卵、ニンニク、タマネギ、そして鶏肉、エビ、カニ、牛肉などのたんぱく質です。調理法も非常にシンプルだ。ストーブの上のフライパンにすべてを入れて、すべてが調和して素材の味が出てくるまで炒めるだけです。

カオパットサパロット(パイナップルチャーハン)

常に人気のあるタイのエビとパイナップルのチャーハンは、調理が簡単で、食べ応えがあります。タイのジャスミンライス、新鮮なエビ、パイナップルが、このベストタイフードリストに載せるにふさわしい一品です。カレーパウダー、シュリンプソース、オイスターソース、ナンプラーなどのソースが、この料理を美味しくしています。

ゲーン・ペッド・ガイ(チキン入りレッドカレー)

大量の生または乾燥したアジアの赤唐辛子を、ニンニク、エシャロット、青ショウガ、レモングラスと一緒に粉砕します。これらの材料は、レッドカレーペーストのベースとなります。鶏の胸肉はレッドカレーの風味が強く出て、クリーミーなココナッツミルクと混ざります。ナスやマッシュルーム、トマトなどを加えて、ココナッツミルクでじっくりと煮込みます。フレッシュなカフィアライムとスイートバジルの葉が、クリーミーなカレーの香りにバランスを与え、蒸したジャスミンライスと一緒に出されます。

ゲーン・マッサマン・ガイ(マッサマン・チキン・カレー)

マッサマンカレーは、上記の他のカレーに比べて汁気が少なく、マイルドでほのかな甘みがあるのが特徴です。これは、インドのカレーから派生した料理で、ペルシャの影響を受けています。発祥の地は南タイで、以前はイスラム教徒が住んでいたマレーシアとの国境付近です。

おすすめ