アジア料理

アジアのセレブリティ・シェフ5人

料理の世界は、七不思議の一つと言っても過言ではありません。様々なセレブリティ・シェフがどれだけ注目され、賞賛されているかを考えれば、料理の世界は七不思議の一つと言っても過言ではありません。以下に挙げるのは、アジア各国で活躍し、その素晴らしい才能で一躍脚光を浴びたシェフたちです。

チャン・ヤン・タック(Chan Yan-Tak)

中国で初めてミシュランの3つ星を獲得したシェフとして、チャン・ヤン・タックの名は広く知られているはずです。彼は10代の頃から厨房で働いていましたが、料理が好きだったわけではありません。料理人になりたいという気持ちはなく、お金を稼ぐためだけに働いていたのです。しかし、大人になってからも香港中のレストランで働き続け、やがて自分の能力が予想以上に高いことに気づきます。タックシェフは現在、香港のフォーシーズンズにある広東料理レストラン「Lung King Heen」の総料理長を務めています。この才能豊かなシェフは、厨房での偉大な業績は、多くの経験と料理への大きな愛情によるものだと語っています。

ミン・ツァイ

「東洋と西洋の融合」をテーマにした料理で知られるツァイシェフは、世界的に有名なシェフとなりました。彼の業績の多くは、スマートフォンで見ることができます。ツァイは、Fine Living Networkの料理番組「Ming’s Quest」とAmerican Public Televisionの「Simply Ming」のホストを務めています。また、「Iron Chef」にも出演しています。 また、マサチューセッツ州ボストンの中心部にあるアジアン・ガストロパブ「Blue Dragon」のオーナーでもあります。もし、あなたが近所のタパススタイルのレストランを探しているなら、Blue Dragonを最初に選ぶべきでしょう。ツァイシェフはアメリカ生まれですが、彼の料理の多くには中国のルーツが見て取れます。ツァイシェフは、ジェームズ・ビアード賞やエミー賞のサービスショー司会者賞など、数々の賞を受賞しています。

ロイ・ヤマグチ 

日系アメリカ人シェフのロイ・ヤマグチは、ハワイアンフュージョン料理で有名になりました。東京で育った山口氏は、シェフになりたいと思っていました。渡米後、ニューヨークのハイドパークにあるカリナリー・インスティテュートに入学。卒業後はハワイに移り、料理界の巨匠への道を歩み始めました。ハワイで初めてジェームズ・ビアード賞を受賞し、カリフォルニア州ラホーヤにある「Roy Yamaguchi’s Pacific Rim Cuisine」のオーナーも務めます。

森本正治

広島県出身の森本シェフは、日本のフュージョン料理で知られています。若くして寿司の修行を積みましたが、影響を受けたのは西洋料理だと語っています。彼が有名になったのは、1999年の「料理の鉄人」で伝説的な存在になってからです。森本シェフの料理は美味しいだけでなく、独特のプレゼンテーション方法を持っています。料理の鉄人であるだけでなく、モリモトはフィラデルフィア、ニューヨーク、ボカラトンに「MORIMOTO」を所有しています。また、ムンバイとニューデリーに「Wasabi」、ニューヨークのトライベッカに「Bisutoro」を展開しています。

kyle tsui from Washington, DC, USA, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons

フン・フイン

ベトナムのホーチミン市で生まれ、カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカで教育を受けたシェフ・フインが、この若さで名を馳せたのも不思議ではありません。ベトナム系アメリカ人であり、Bravo TVのTop Chef第3シーズンの優勝者でもあるフインは、幼い頃に家族とともにアメリカに移住しました。移民してきた両親が経営するベトナム料理店で働き、料理の腕を磨きました。現在は、ニューヨークの「Catch」と「The General」、南フロリダの「Catch Miami」でエグゼクティブシェフを務めています。

おすすめ